同情を寄せてみる

同情を寄せてみる

下の人間を動かすには下の人間の信用、信頼を得なくてはならない。
下の人間だけではなく普通の人間関係においてもやはり人と関わるうえで信用、信頼は必要だ。
信用、信頼を得るためにはまず距離を縮める必要がある。
ではどうやったら距離を縮められるか考えた。そこで思いついたのが同情を寄せてみることだ。
良い人間関係を作るにあたって、最初の印象はとても大事だ。
そこで相手と話しているときに「分かる分かる!」や、「僕もそうすると思う」など相手に同情を寄せてみることからやってみると相手との距離は縮まるだろう。
実際、自分自身もこの「同情を寄せてみる」という行為はよく使っている。
そうすると不思議と距離が縮まっている気がするし、その後の話でも理解を得やすいような気がする。
自分の言うことをわかってくれている人に対して悪い気をする人はいないと思う。
これはものを頼むときなどでもいえる。例えば何かを頼むときに「ちょっとこれやってもらっていいかな?」
と頼まれるよりも「忙しいのに申し訳ないんだけど、ちょっとこれやってもらえるかな?」と頼んだほうが相手は嫌な気にはならないだろう。
何かを頼むときや人を動かすときは同情を寄せてみることも大切だ。


オススメ企業を資料請求【無料】

 


ホーム RSS購読 サイトマップ