笑顔の大切さ

笑顔の大切さ

自分は人と接するときに笑顔で接することが出来ているだろうかとふと思った。
いつでも笑顔でいたほうが良いわけではないが、やはり人と接するときは笑顔の方が相手も悪い気はしないだろう。実際人に何かを教える際、嫌々教えるよりも、自分も笑顔で楽しく教えたほうが相手の理解も早いような気がする。
もちろん時と場合にもよる。真剣な話をするときにニコニコと笑顔でいたらそれは違うような気がする。
真剣な時は真剣に、叱るときは叱る、ほめるときは心からほめる。
そういう人間に人はついていくのではないかなと思った。
自分自身もそうだが、嫌なこと、気に入らないことがあるからと、態度や表情にすぐ出てしまうのは
周りの印象としてはよくない。
それにこういった態度や表情は自分では出してるつもりはないが、相手からしたら悪く見えてしまうなんてこともよくある話だ。
良い人間関係を築くうえで印象はとても大事だ。自分も含め態度や表情に出やすい人は気を付けるべきだと思う。



オススメ企業を資料請求【無料】

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ