本当の自分

本当の自分

「職場になじめない」「なんか浮いている」そう思う人はいるかと思う。
職場の仲間とはコミュニケーションはとったほうが良いが、たまに明らかに自分を抑えて周りに合わせているなと思う人がいる。
周りに合わせようとして、言うならばウソの自分で接しているのである。
こういうのはストレスの原因になったりするし、仕事に影響が出る。
コミュニケーションを取ることは大切だが無理してまで取る必要はない。
人と接するのが苦手な人もいるし、そういう人はなおさら無理して周りに合わせる。
ウソの自分を演じず本当の自分で常にあることが大切だ。
だが、だからと言ってこの職場は自分と合う人がいないからといってコミュニケーションを全くとろうとしないのは違う。
組織においてコミュニケーションをとることはある程度必要だ。
ならどうすればいいのかというと、上である人間が全員に共通する意識、目標を下の人間に持たせることだ。
これらを持たせることによって仕事において必要なコミュニケーションをとるにあたって共通のものを持たせることで本当の自分でいられるのだ。
最低限のコミュニケーションは必要だ。なのでそれをストレスなく無理のないものにするために仕事において組織に共通の意識を上の人間が持たせることが大切だと思う。


オススメ企業を資料請求【無料】

 


ホーム RSS購読 サイトマップ