個性と常識のバランス

個性と常識のバランス

人と違うことをする、人と考え方が違う、自分は変わっている。
個性はどんどん伸ばすのは良いことだと思う。興味のあることややりたいことにどんどんチャレンジするべきであるとも思う。ただそんな自分がいつも正しいと思い込むのはよくない。
世の中には常識というものがある。個性を伸ばす一方で、自分は普通であるという部分も持つ必要があるのではないか。
あきらかにおかしなこと、自分だけに被害があるならまだしも、他人に迷惑をかけても「これも個性だ」というのはおかしい。
人と違った考えや個性は常識を覆すようなアイディアを生み出すことがあるし、その可能性を秘めているから個性は大切にするべきだと思うし、僕自身人の個性や変わった考え方をすごく大切にしている。
新しいことをするときにこういったものは必要になる。
だがしかし、常識を覆すには、常識を覆すからこそ、常識を知る必要があるし理解しなければならない。
個性は伸ばすべきだが常識とのバランスもしっかりと意識しなければならないのではないだろうか。



オススメ企業を資料請求【無料】

 


ホーム RSS購読 サイトマップ