結果にこだわる

結果にこだわる

「結果よりもそこまでのプロセスが大事だ」というのを小さいころからよく聞いていた。
この言葉は否定はしないが個人的にはあまり好きではない。
もちろん結果を出すために本気で努力をした人にとってそれまでの過程はその人にとってとても大きなことであることは間違いない。
だがプロセスの方が大事だと決めつけたうえで努力などをするとプロセスを評価されようとしてしまうのではないだろうか。
プロセスを大切にするのではなく、まずは結果にこだわるべきだと思う。
それに現実ではやはり結果を出した人間が評価されるのがほとんどだ。
いくら本気でやって、何日もかけて終えた仕事であっても、ほかの人が数時間で終えてしまったら数時間の方を評価するのが普通である。
自分の努力ばかりをを主張しても仕方がないのだ。それが仕事である。
その分、上の人間は結果にこだわり本気でやったのにダメだった人間の過程をしっかり見ているべきである。
結果にこだわりひたすら努力することが結果的に過程を評価されることになるのではないだろうか。



オススメ企業を資料請求【無料】

 


ホーム RSS購読 サイトマップ