ネガティブも必要

ネガティブも必要

ネガティブに物事を考えるな、ポジティブ思考でいけ。
みたいなことを言う人がよくいる。
これは正解でもあり不正解でもあると思う。
どういうことかというと、はっきりいってポジティブ思考だけでなんとかなるほど世の中は甘くないし、そんなことでうまくいくなら失敗するような人はこの世にほとんどいなくなるだろう。
なんでもポジティブにとらえる人は、なんとかなると自分に言い聞かせているのだ。
しかしこれでは一つ一つの仕事や準備などが不十分になることが多い。
なんとかなるで小さなことを見逃しているのだ。これではいけない。
ではポジティブとはなにか?
僕個人の考えとしては、ポジティブとはネガティブが生むのではないかと思う。
どういうことかというと、まず何かをする際にポジティブになんとかなる、絶対うまくいくと初めから思い込むのではなく、最初に最悪のケースを想像するのだ。
「果たしてこれでうまくいくのか」「このままやったらこうなってしまうのではないか」
あらゆることをネガティブに考えることで、細かいところまで問題点を見つけ出すことができ、修正できる。
初めからポジティブに考えるとこの問題点に触れることなく進んでしまうので、結果的にうまくいかないのだ。
初めにネガティブに考えて問題点を細かく見つけ、修正することで結果的にうまくいく。そしてポジティブになるのだ。
要するにネガティブに考えることで、結果的にポジティブを生むのだ。



オススメ企業を資料請求【無料】

 


ホーム RSS購読 サイトマップ