言い訳は絶対にしない

言い訳は絶対にしない

人間は失敗やミスを認めたくないという気持ちを誰しもが持っていると思う。
言い訳は人を成長させません。むしろ人としての価値は下がるいっぽうだ。
まして、上の人間はミスや失敗をしてしまった場合、普段下の人間に指導する立場であるだけに、つい言い訳をしてしまいミスや失敗をごまかそうとしてしまいがちだ。
上の人間だからこそ言い訳をしない、間違いは間違いと認める姿勢を下の人間にしっかり見せることが大切だ。
言い訳したくなる気持ちはわかるが、そこはこらえて素直に認めることだ。
と言っているが、ここまでのことなら誰しも分かっているしよく耳にすることだ。
わざわざこの内容を書こうと思ったのは、言い訳とは実は「言っている本人は言い訳をしているつもりはないというケースがほとんど」だということだ。
言い訳してもいいことなんてないことはほとんどの人はわかっている。
だが言い訳のようなことはよく耳にする。重要なのはここだ。
自分は言い訳のつもりではなくても相手が言い訳に聞こえたらそれは言い訳だ。
これはいろんなケースでもいえる。自分は怒っているつもりはなくても相手から怒っているように見えたら相手からの印象は悪くなる。
これと同じことだ。言い訳をしている本人は言い訳だと思っていないことがほとんどだ。
言い訳に聞こえるのではないか?と言葉を選んで口にするというのもいいのだが、やはり一番いいのは何も言わずに素直に認めることではないだろうか。


オススメ企業を資料請求【無料】

 


ホーム RSS購読 サイトマップ