対抗意識を活用する

対抗意識を活用する

下の人間をうまく使ったり、動かしたりする時に意外と使えるのが対抗意識をうまく活用することだ。
どういうことかというと、同じ職場、同じチーム、同じクラスなど、世の中には数多くの組織がある
組織あるところには組織内での対抗意識があることが多い。
これは悪いことではない、例えば同じスポーツチーム内で「あいつには負けたくないからもっとがんばろう」と思うことで努力をする。そしてもう一方もそれに負けないように努力をする。
そして結果的にチームとして強くなる。これはどの組織でも言えることだ。
この対抗意識を上の人間がうまく活用するのだ。上の人間が下の人間の対抗意識を刺激することで組織を強くするのだ。
ただ、嫌みのように刺激してはいけない。これは信頼されない上の人間によくみられるのだが「あいつはあれだけやっているにな」みたいな言い方では対抗意識どころかやる気までなくしてしまう。
対抗意識を刺激することは大切だが言葉選びや態度には十分気を付けなければならない。
その点を注意して対抗意識をうまく活用すれば、組織を強くできるのではないだろうか



オススメ企業を資料請求【無料】

 


ホーム RSS購読 サイトマップ