ミスをいきなり叱らない

ミスをいきなり叱らない

下の人間のミスは上の人間の責任でもある。
それだけに下の人間のミスに対していきなり強く叱る人がいる。
気持ちはとてもわかる。しかしこれはあまりよくないような気がする。
まずはなぜそうしたのか、下の人間の考えを聞くことだ。もちろん理由もなくミスやおかしなことをしたのならそこでしっかり叱るべきであるが、こう思ったからこうした、こうしたほうがうまくいくと思った。
こういったことがあるならしっかり聞くべきだと思う。
理由がなかったり、悪いことをしていることを自覚している人間なら思い切り叱っていいが、何か考えがあって行動した人間は少なくとも自分が正しいと思って行動したわけだ。
その人間に対して一方的に叱っても納得はしてもらえないし結局その場しのぎの空返事やすいませんでしたで終わってしまう。これでは上の人間、下の人間、どちらのためにもならない。
まず、相手のミスや失敗を認めさせるには相手の考え意見を聞くことから始めるべきだ。
その意見を聞いたうえでどの点が間違っていたのか、どこがおかしいのかを伝える。
これをやらないと下の人間は育たないしまた同じことをきっとするだろう。
人の考えかたを変えることはとても難しい。だからこそまずは相手の考えや意見を理解しようとすることが必要だ。そうしていると相手の考え方がわかっていき、その人とはどう付き合うのが正解なのかなども分かってくる。
なのでミスや間違いを叱りたい気持ちは分かるがいったん抑えて、相手の考えをまず聞くこと。
これは重要なことだと思う。


オススメ企業を資料請求【無料】

 


ホーム RSS購読 サイトマップ